酵素ダイエットのサプリやドリンクは効果なし 断食だけの方がまだまし

酵素ダイエット

 

 

スポンサーリンク

 

肥満の原理

酵素ダイエット」よく見る言葉です。検索数も多いですね。つまり、それだけ痩せたいと思っている人が多いわけです。ところが現実社会では真逆、肥満がどんどん増加しています。これは世界的な傾向です。

 

なぜ肥満が増えるのでしょう?
答えは簡単です。摂取カロリー>消費カロリーな生活を繰り返しているからです

更に、世の中が便利になって体を動かすことがなくなってきています。同じデスクワークでも昔の映画などを見ると結構動いていません? 今は本当に動かなくてもいいんですものね。

 

 

 

食べる誘惑

一方、美味しいものは溢れています。テレビを見てもネットを見ても食欲中枢を刺激しまくっています。それに社会が高齢化してきているので社会全体の基礎代謝能力も落ちてきています。

ですから現代の社会では、人は太る運命なのです。栄養過多にならざるを得ないのです

 

ところが大半の人々は、誘惑に負けていることや、それがやがて大変なことになる要因だということも知っていますし、だんだん鏡を見るのが怖くなる。だからダイエット法やダイエット商品が人気なのです。

それは同時に、摂取カロリー=<消費カロリーな生活がどれほど難しいかをあらわしているとも思うのです。20年30年と安定的にダイエットすることは夢物語だと感じませんか?

 

 

スポンサーリンク

 

酵素ダイエットとは

さて、そこで今はやりの「酵素ダイエット」。果たしてこれはダイエットの救世主なのでしょうか。

ちょっと気になったのでネットで調べてみましたが、だいたい次の2種類に分けられています。

  1. 半日〜数日断食を行って、口にするのは酵素ドリンクだけ。
  2. 三食は食べるけれども一〜二食を酵素ドリンク或いは酵素ドリンク+低カロリー食品を摂取するというもの。

その他、細かいバリエーションはいろいろとあります。

 

「酵素ダイエット 効果」などで検索してみると

  • 酵素ドリンクには豊富に酵素が含まれているから体にいい。
  • 酵素自体は体内で作れないから食べ物から摂るしかない。
  • 加熱すると酵素が壊れるから加熱しないローフードがいい。
  • 一日(一生)で作られる酵素の量には限りがあるから食物で補う必要があ
    る。
  • 発酵食品は酵素が多く含まれており酵素を多く取ることができる。
  • 運動を伴うダイエットはリバウンドが大きくよくない。
    などなど・・・

 

さて、いくつかの「酵素ダイエット」推奨を読んでいて気になった点があります。それは、口から入れる酵素がダイエットにどう結びつくのか論理的な説明が全くない点です。

そこで、根本から調べてみました。酵素」っていったい何なのですか?

 

スポンサーリンク

 

酵素の正体

体の活動は内臓の活動も喋ることも手足を動かすことも、すべて化学反応を起こす事で行われていますが、体内で化学反応を促進する物質を触媒といい、その触媒の役目を担っているのが酵素です

 

酵素の生成

酵素はアミノ酸がつながってできたタンパク質であり、体の各所で必要に応じた機能を発揮するために、様々な繋がり方をした酵素が都度必要なだけ生成され、その種類は数千から数万種類と言われています。

 

酵素の元

酵素の材料はアミノ酸でですが、毎日の食事から吸収された栄養素がその元になっています。

しかし、酵素は体の各所で必要に応じて必要な形のものを作られるのであって、口から摂取した酵素がそのまま使われることは一部の例外を除きほとんどありません

 

酵素の活動条件

人の酵素は37°あたりがその活動に適しています。病気になって熱が上がる一つの理由は酵素の一層の活性化にあります。また、pHの条件は酵素が働く場所によって変わってきます。例えば胃は強酸性、腸は弱酸性など。

 

さて、酵素の働きを助ける物質というものがあります。次はその物質についてのお話です。

 

 

 

 

補酵素・ビタミン・ミネラル

補酵素

酵素の他に補酵素というものがあります。補酵素がなければ酵素がうまく働けない場合があるのです。補酵素とはビタミンでありミネラルであります。(他に補欠分子族というものもある)

 

ビタミン

欠乏すると沢山の不都合が発生しますね。必要な場面で不足すれば酵素が働きにくくなり代謝機能が落ちます。

多くのビタミンはそれぞれ独自に酵素の働きを助けます。例えば、ビタミンB1は皮膚や粘膜の維持。コエンザイムQは電子を授受する酵素を助ける、などです。

 

ミネラル

ビタミンと同様に酵素の働きを助けますが、最大の違いは自らが骨や歯等の組成要素となることです

 

補酵素の摂取

ビタミンミネラルも体内生成ができないので食物から摂取する必要があります

 

 

スポンサーリンク

 

ダイエットと酵素は関係なし!

ここまで調べて、あらためて「酵素ダイエット」の効果を考えると、その原理説明は無理があります。なぜなら上記のように

  1. 飲む食べる酵素はそのほとんどが消化分解されて体内に取り込まれる。
  2. 酵素は体内の各部分で必要に応じて必要な形として生成される

酵素は必要な場所でその都度必要な形に生成されるからこそ上手く働けるわけです。もし口から取り込んだ酵素がそのまま活動するのであれば、体内で生成できないのであれば非常に危険・・というより生存が不可能になります。

それに、その種類は何千以上にのぼるのに、どうしてそのすべてを不都合なく口から摂取することができるのでしょうか?

酵素はダイエットというより、酵素は人間の活動の源泉そのものじゃないですか。

 

 

断食だけで良い

今まで申し上げたように、口から摂取する「酵素」なるものは分解されて体内に入ります。体内で必要に応じて生成される酵素とは関係がないし、ダイエットと結びつける理由がありません。めちゃくちゃな話です

しかし、酵素ドリンクはともかく、同時におこなう断食或いは摂取カロリーを抑える行為は、間違いなく「摂取カロリー<消費カロリー」に寄与するでしょう。

(今回は「断食」については言及をしません)

これではっきりとした結論が出ました。

  1. 酵素は人間がコントロールできるものではない。
  2. ダイエットと酵素+断食を結びつける意味はない。断食を含む食事のコントロール(+運動)だけで良い。

 

 

 

まとめ

  1. 飲む食べる酵素はそのほとんどが消化分解されて体内に取り込まれる。
  2. 酵素は体内の各部分で必要に応じて必要な形として生成される

これが毎日体内で活躍してくれている酵素です。酵素を理解する上で最も重要な部分です。その知識さえ身についていれば・・

 

業者が言う「酵素の説明」や「酵素食品の効能」が、如何に酷い嘘八百で固められているか。よくよくわかるはずです。

つまらない嘘で釣って何の役にも立たない商品を売りつけてそれが継続的な商売に結びついて行くと思っているなら、あまりにも我々をバカにした発想です。

この業界は酵素関連のみならず、とにかく訳のわからない嘘説明で釣って売ろうとする商品が山のようにあります。

 

一方、私たちは忙しいから、もしくはできるだけ苦しい思いや辛い思いをしたくないから、ついつい何かに頼ろうとするんですね。ここに心の隙ができます。

どんなに正論を訴えても、それでも買う人は買うでしょう。しかし残念ながら私たちの体はそんなに簡単には変化しません、逆に簡単にコントロールできるならそれは危ないのです。

 

とにかく基本的な原理を理解して、それを元に判断していくことが大切だと思います。それは自分の気持ちや願望とは関係ないものです。

ダイエットの世界で、よく「簡単に」とか「楽に」とか「短時間で」などという文句を目にするでしょう。これらは多くの人の願望で、それをよく知った業者の殺し文句です。

果たして現実はどうなのか?

 

もう一つ大切なことは、あるべき正しい姿の理解だと思います。

例えば、食事を抜きまくって体重を落としたとしましょう。これって正しいダイエットですか? 当然違いますよね。

それって単に、

  • 基礎代謝が不活発になって
  • 体に必要な栄養素が不足して
  • ホルモンバランスが崩れて

病気になりやすい体を作っているだけです。およそ健康体とは程遠い姿です。ダイエットの基本にあるものは「健康」です。健康でないダイエットはありえません。

 

 

正しい知識で健康なダイエットをしましょう。もし商品を買うなら、本当に役にたつ補助としての機能がある、そういう商品を買いましょう。

ダイエットで体調を崩すのは悲しいことです。つまらない商品にお金を使うのは無駄なことです。

「で、酵素ダイエットがイマイチならどうしたらいいの?」 はい、任せてください。お役にたつ記事をご用意しています。ただし、基本的には「楽して短時間で」という発想ではダイエットはできません。

 

 

 

 

スポンサーリンク

シェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です