日清の新商品パスタスタイル その味・具材・カロリーは?

カップヌードル

日清食品のカップヌードルシリーズに新商品パスタスタイルの登場です。

 

本場イタリアでグラニャーノ80%の人たちが「パスタではない」と言ったのですが、気にせずに発売します。

プロモーション

出典:https://www.nissin.com/

 

商品は2種類で
カップヌードル パスタスタイル ボンゴレ
カップヌードル パスタスタイル ボロネーゼ

 

パスタスタイル

ボンゴレ
アサリにニンニクと赤唐辛子を効かせたオリーブオイル風味。

ボロネーゼ
トマトソースベースにひき肉を入れ香味野菜とハーブで味を整えたもの。

 

両商品とも湯きりタイプで、出来上がりまで5分間だそうです。麺はカップヌードルと同じ切り出し麺なのですが、丸くてそして2倍以上の太さにしたそうです。

 

スポンサーリンク

 

「イタリア人が認めない」プロモーションの意味は?

麺にからめるソースはイタリアン・パスタそのもの。でも麺がパスタ食感のもちもち太麺だけれどカップヌードル麺の味、という意味が込められているようです。だからパスタじゃないんですね!

この今までになかった組み合わせがクセになるらしいです。

 

ターゲットは?

カップヌードルをあまり食べない20〜40代の女性です。
はたして受け入れられるでしょうk?

 

その他商品情報は?

内容量:86g(麺75g)/93g(麺75g)
価格:198円(税別)
発売日:6月29日

 

カロリーはどうでしょう?

ボンゴレ  414Kcal
ボロネーゼ 447Kcal
因みに元祖カップヌードルは353Lcalです。

・・低いことはないですね。
でもレストランで本物を食べると両方とももっともっと高いですよ。特にボロネーゼは低くても600Kcalは超えるでしょうから、それらとの比較で考えれば低いともいえるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

日清食品の今年の戦略は「Stay hot(もっとやれ)」だそうです。これに基づき、カップヌードルラインも

野菜たっぷりが売りの
「カップヌードル ベジータ」

低カロリーでスープロ飲み干しても平気な
「カップヌードル ラタトゥイユ」
「カップヌードル バーニャカウダ」
「カップヌードル ライトプラス 旨だしソーメン」

など、ガンガン新商品を投入してきています。
すごいですね。
今カップヌードルシリーズ商品の数を数えてみたら、なんと30種類以上ありますよ。あなたは何種類くらい召し上がりましたか? 私は、普通のとカレーとシーフードの3種類でした。普通が大好きです。飽きない。

 

新商品はとりあえず最低1回は食べてみます。イタリア人は認めないけど本当にクセになる美味しさなら嬉しいです。ただ・・税込価格が213円というのはちょっと高いような気もします。

 

さて、
初代カップヌードルの発売が1971年ですから今年で44年目ですね。なんという超ロングセラーな商品なのでしょう。

弛まざる研究開発の賜物でしょうが、今後はStay hotで更に強力に前進の構えです。果たしてどちらへ進んで行くのでしょうか?

それが迷走であっても正当な進化であっても、美味しければどちらでもいいのではないかと思います。

(メーカーの案内文はこちらです)

スポンサーリンク

シェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です