二日酔いの朝 出勤前にできる4つの改善策

酒が残る

朝起きて後悔する前夜の酒

前日の夜に楽しく飲んだのはいいけれど、翌朝目が覚めてみると酒が残っている! 満員電車で他の人に迷惑かけるの嫌だし、出社後得意先で酒臭いと言われるのも困るし・・ さあどうしましょう?

 

スポンサーリンク

 

酒が残る状態とは?

アルコールは肝臓で分解されますが、その分解能力はだいたい決まっています。残っているとは、分解しきれていないアルコールが体内にある状態です

 

 

 

肝臓の分解能力は?

体重60Kgの人が20gのアルコールを分解するのに要する時間は3〜4時間です。女性は体も肝臓も小さく、女性ホルモンにアルコールの分解を抑制する作用があり、もう少し時間がかかります。

(アルコール20g)
ビール中瓶
日本酒1合
ウイスキー・ダブル

 

スポンサーリンク

 

分解の過程

肝臓に届いたアルコール→アセトアルデヒド→酢酸→水・炭酸ガス→汗や尿となり体外へ(但し飲酒したアルコールの数パーセントは分解されずそのまま呼気や尿となって排出される)

分解しきるまでの道のりは結構複雑ですね。前の晩に飲み終わってから翌朝起きるまでの時間が9時間だとしますとビール中瓶3本が平均的なリミットになります。それ以上だと残りますねワイン1ボトルだと完全にアウトです

 

 

飲む人にとってはこの範囲内に収めるのは結構厳しいですね。肝臓の分解能力が決まっていることは上記の通りですが、つまり分解しきるまでには、どうしてもそれなりの時間が必要なのですが、出社までに出来ることはあります。それをやりましょう!

 

スポンサーリンク

 

1.アルコールの濃度を薄めて早く体外に出す

カフェインの利尿作用を利用するためにお茶・コーヒーを飲みましょう。血行をよくし新陳代謝を活発にするために、お風呂に入りましょう。

 

2.アセトアルデヒドの分解を助ける
タンニンに効果があるので柿を食べたりお茶を飲んだりしましょう

 

3.肝機能を助けましょう
効果のある物質は果糖・システイン・セサミンなどぶどう・西洋梨・りんご・キウイなどで果糖を補給しましょう。システインは卵、セサミンはゴマですね

 

4.アルコールがエネルギーとして体内に留まるのを防ぐ
大豆のコリンが有効なので、味噌汁や納豆を食べましょう。

 

 

意外とできる事はあると思いませんか?
もし努力しても、尚出社後に明らかに残っている自覚があるなら、それは明らかに飲み過ぎです

次回からは自制しましょう。
そして、3時間で分解できる限度はビール中瓶1本若しくは酒1合と覚えておいてください。きっと役に立ちます

お酒の飲み過ぎで体をこわさないでくださいね!!

 

 

スポンサーリンク

シェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です