【台湾鉄道】特急の切符をインターネットで予約・購入する方法を画像で完全解説

 

 

スポンサーリンク

特急の座席指定券は取りにくい

台湾鉄路(通称:台鉄)の特急列車は座席指定券が取りにくいので有名です。この問題を事前に解決しておかないと、せっかく台湾に行っても、最悪、スケジュール通りに動けず、困ってしまう可能性があります。

台中・台南そして高雄がある西側は、高鉄(新幹線)があって、これはいつでも、ほぼその都度座席指定券を購入することができるので心配する必要はありません。

しかし宜蘭・花蓮や台東といった都市のある台湾の東側はちょっと事情が違います。こちらは台湾のJR・台鉄だけで高鉄はなく、台鉄の特急列車を利用することになります。

ところがこの特急列車は需要に対する輸送能力が慢性的に不足していて、その結果、座席指定券がすぐ売り切れとなり、その都度購入は非常に難しい状態です。特に土日祝祭日はほぼ絶望的です。

もし台鉄のチケット販売窓口で北京語で交渉ができるならなんとかなる場合もあるのですが、ほとんどの方にとってそれは不可能です。

じゃあどうするのか? それを今回お教えしようと思います。

 

たまたま知り合いに、立て続けに、座席指定券のネット予約の方法を質問されたので、それもあって、この際記事にしておこうと考えたわけです。

そうです、現地で座席指定券を購入するのではなく、出発前の日本にいる間にネット予約・購入してしまうのです。

そうすれば現地では発券を受けるだけでよく、安心してスケジュール通り台湾旅行ができますよね。

 

ところで、ネット予約・購入は購入手順以外にちょっとした知識が必要になる場合もあります。

例えば・・・

  • ネット購入は2週間前からできるのですが、そんなに前でもすぐに売り切れることも珍しくありません。じゃあ諦めるしかないのか?といえば、そうでもありません。ちょっとしたテクニックで購入できたりする場合もあります。
  • また、順調に手続きが進んでも、途中で予期せぬエラーにぶつかったりすることもあり、解決方法を知らないとたちまち困ってしまいます。

 

今回はそういうことも含めて、できる限りわかりやすく丁寧にご説明します。

たくさん挿入しているスクリーンショットは、私が実際に予約をした画面をです。私が当初希望した内容は・・・

  • 予約日:4月14日
  • 乗車日:4月28日
  • 出発希望時刻:12時から13時頃
  • 車種:特急
  • 乗車駅:花蓮駅
  • 降車駅:台北駅

ですからスクリーンショットは上記を思い出しながらご覧ください。きっちり二週間前に予約行動をしましたが、果たしてうまく予約購入ができたでしょうか?

なお・・・

  • 説明補助として掲載しているスクリーンショットはクリックすれば拡大します。
  • 「クリック」はスマホの場合「タップ」と読み替えてください。
  • 操作中幾つものウインドウが開きますが、再度使う場合もあるので閉じないでください。
  • 操作が単純ではないのでパソコンでの操作を推奨します。
  • パスポート番号や予約番号などは適当な記号番号に置き換えています。

 

 

 

スポンサーリンク

 

予約

予約手順1

  • ネット予約・購入のスタートは交通部臺灣鐵路管理局のトップページに入ります。
  • 「列車時刻査詢」をクリック(「査詢」・・検索・問合せ)

 

予約手順2

右の「×」ボタンをクリックして「最近消息」ウインドウを消す。

 

予約手順3

ここで、以下項目を指定する。

  • 乗車駅
  • 降車駅
  • 列車種類
  • 日時

2つの乗降車駅指定方法

  • 駅名の中に該当する駅があれば、該当する駅名左側にチェックを入れる。
  • ない場合は「其他」にチェックを入れた状態で、「起程站」か「到達站」右のプルダウンメニューで「地区」を決定した後、その右で目的の駅を選ぶ。

列車種類と日時

  • 画面左下「選擇車種」では「對號列車」にチェックを入れる。
  • 画面中下のカレンダーで希望の日をクリックする。
  • 画面右下の時間は、ゆとりがあれば広く設定、特定したい場合は「その時刻」の一時間前と一時間後を入力する。

下のスクショは、今回の希望に沿って、すべての入力を終えた画面です。

すべての入力を終えたら、最後に「査詢」ボタンをクリックします。

 

予約手順4

手順3で入力が終わったら、次に出てくる画面(上のスクショ)は、入力条件に合致する列車の一覧です。2台の太魯閣号と1台の普悠瑪号そして1台の普通の特急列車、合計4台でした。

12時〜13時という狭い指定なのに結構あるんですね。その中から私は一番都合のいい太魯閣417号を選択しました。

選択したら、該当列車右側の「座席マーク」をクリックします。尚「417」は後で使います。

 

予約手順5

列車を指定したら、次に出てくる画面は「車次訂單程票」。ここは台湾人向けのオーダーフォームです。

我々は外国人なので右上の「外國旅客」ボタンをクリックします。

 

 

スポンサーリンク

 

予約手順6

そうすると、外国人向けのオーダーメニューが出てきます。

画面上の「English」「日本語」「簡体中文」から「日本語」をクリックします。そうすると下のような画面に変わります。

ここで、メニューの一番上にある「列車番号で片道乗車券予約」をクリックします。

 

予約手順7

日本語のフォームが出てきましたが、先ほど入力した駅コードや乗車日や列車番号が反映されていません。なのでパスポート番号も含めて、手入力します。

全部入力を終えた画面が下のスクショです。内容を確認して最後に「予約」ボタンをクリックします。

 

予約手順8

読みにくい数字を見て、それを入力し、最後に「確定入力」ボタンをクリックします。

もし、数字が読めない場合は「立ち上がり画面の修正」ボタンをクリックして、新しい数字を出しましょう。

 

予約手順9

あらら、きっちり二週間前に予約作業をしているのに、もう満席。こういう事は決して珍しくありません。どうしましょう? 

大丈夫です。二週間前ならなんとかなるケースがむしろ多いです。では対策を講じていきましょう。

こんな場合は・・・

  1. 「予約手順4」に戻って列車を変更して、その後の同じ手順を繰り返す。
  2. 「予約手順7」に戻って、乗車駅か降車駅を変更します。

今回は、列車を変更したくなかったので、2. の手段を選択しました。

まず、到着駅を台北駅の次の板橋駅にして見ました。

しかし、残念ながら、この条件でも「ご利用の区間は満席です」と出ました。まだ、諦めません。

今度は、出発駅を花蓮駅の一つ手前の玉里駅に設定して見ました。そうすると・・・

 

予約手順10

予約が成功すると、この画面が出ます。これで、予約が確定しました。内容をよく確認してください。その際、注意すべきは「支払限度時間」です。

支払限度時間」に提示されている日時までに支払いをすませないと予約は無効となります。

出発まで日数に余裕があれば約2日間の猶予があるのでいいのですが、あんまり差し迫ってから予約すると「支払限度時間」が忙しなくなります。ここの確認は忘れずにしましょう。

さて、間違いないことが確認できたら、画面一番下の「ネットにて支払い」をクリックして、いよいよ支払いをします。

支払いは増える

当初の希望する区間で切符が予約できず、乗車区間を延長する形で予約しています。ですから支払い料金も、当然増えます。

当日の別の列車でもよくて、それで予約が取れるのであれば、もちろん花蓮駅-台北駅の料金でいいわけです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

支払い

支払い手順1

前の画面で「ネットにて支払い」をクリックすると、この北京語画面へ飛びます。「支払い」では日本語の画面が作られていないからです。

上スクショの通りチェックを入れて、「開始付款購票」ボタンをクリックします。

 

支払い手順2

次に出てきた画面ではスクショのように二箇所にチェックを入れ、その下にパスポート番号予約番号を入力し、最後に一番下の「送出」ボタンをクリックします。

なお、今回は片道切符の購入ですが、往復切符選択予約をした場合は、画面の下半分に入力をしてください。

 

支払い手順3

次の画面では、「去程票」で予約した乗車券の枚数を入力します。枚数を入力できるのは、大人「成人票」か子供「童孩票」だけで、「敬老票」と「愛心票」は外国人適用外です。

枚数を入力できたら、最後に「確認」ボタンをクリックして次へ進みます。

子供料金資格

台鉄の場合、基本的には・・・

  • 6歳未満・・・無料
  • 6歳から12歳未満・・・子供料金

なのですが、例え12歳未満でも身長が150cm以上ある場合は、12歳未満であることの証明を求められることがあります。

 

支払い手順4

いよいよクレジットカード情報の入力画面にやってきました。この画面の上半分は予約内容の明細です。再度確認をして、下半分の入力を行います。

上のスクショを参考に入力をしてください。なお、セキュリティーコードとは、クレジットカードの裏面にある3桁の番号のことです。

全部入力をし、その下の「否」にチェックを入れたら、一番下の「確認付款」ボタンをクリックします。

3D驗證
カード番号入力部分の上に「3D驗證」という単語が出てきますが、これは3Dセキュアと呼ばれる本人認証のシステムのことです。台湾鉄路とは関係がありません。

  • VISA
  • JCB
  • Mastercard

で採用されております。これら3つブランドを利用すると、次に3Dセキュアの画面に入ります。

 

 

スポンサーリンク

 

支払い手順5

ということで3Dセキュアの画面です。私は三井住友VISAカードなのでその3Dセキュア画面です。暗証番号を入れて「送信」ボタンをクリックします。

他の2ブランドも似たようなものなので、暗証番号を入れて次へ進んでください。

 

支払い手順6

支払いが無事成功したら、上のスクショのような画面となります。内容を確認して「列印網路信用卡付款取票單」ボタンをクリックしてください。

 

〓支払い失敗〓

クレジットカードのデータを入力して3Dセキュア画面も間違いなく入力して、カード会社からOK信号が送られているのに支払いを失敗する時があります。

そんな場合は、「真っ白な画面の左上」に下のスクショのように「無法導向結果接收頁」と出ます。

そんな場合は、焦らずに「網路付款購票系統」の画面に戻り、支払いがされているか否かを確認します。

付款記錄査詢」をクリックして次に進みます。

 

そうして出てきた画面に、スクショのように入力して、最後に「送出」ボタンをクリックします。

 

もし支払いが済んでいれば

上のスクショのように予約及び支払いの内容が表示されますので、下の「列印本頁明細」ボタンをクリックして印刷へと進みます。

 

まだ支払いが済んでいない場合は

上のスクショのように表示されまので、少し時間をおいて「支払い手順1」からやり直してください。

私の経験上、エラーは支払いが完了していてもしていなくても起こります。ちょっと面倒なだけで、全く心配は不要です。ここに書かれていることを読んで、落ち着いて操作しましょう。

 

 

支払い手順7

支払い手順6で述べた「列印網路信用卡付款取票單」ボタンをクリックした後、下のスクショ画面が出てきます。

列印網路信用卡付款取票單」ボタンをクリックして、忘れずに台湾へ持っていきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

どうだったでしょうか。

手順は多いのですが、落ち着いてここで述べている説明通りに一つ一つ慎重にこなしてゆけば、そんなに難しいことはないでしょう。

ただし、実際に教えている時の経験を踏まえて申し上げますと、よく確認せずに感覚的に操作するのは間違いの元です。

経験を積むまでは慎重に慎重に進んでください。

 

さて今回は、最後の説明である「台湾での乗車券受け取り」が抜けています。それは、約一ヶ月後、台湾で写真を撮ってからそれのアップとともに改めて致します。

台湾では発券機を使って乗車券の発券を受けます。めちゃくちゃ簡単です。その際必要なのは・・・

  • パスポート番号
  • 予約番号

この2つだけです。そういう意味では印刷はしなくてもいいかもしれません。窓口で発券してもらうにしても、予約番号とパスポート(コピーは不可)があれば大丈夫です。

まあ、でもやっぱり印刷はして持っていくのがいいでしょう。

 

 

スポンサーリンク

シェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です