トヨタ初の外人女性役員が麻薬密輸で逮捕 動機は?経歴や年収は?

オキシコドン

6月18日、トヨタ自動車の社内では巨大な戦慄が走ったと想像されます。この4月に人事の目玉として大抜擢したアメリカ人の女性常務役員が、なんと日本では麻薬に指定されている薬品をを密輸して逮捕されたというのです。

豊田社長の心中がどうであったのか、想像に難くありません。

スポンサーリンク



 

本日は、トヨタ自動車初のこの外国人女性役員について、また、密輸した錠剤に含有されるオキシコドンについて書いてゆきます。

 

ジュリー・ハンプ氏とは

1959年ニューヨークに生まれ、今年の誕生日で56歳になります。
1982年にフェリス州立大学を卒業。

その後ゼネラル・モータースに入社し広報部門を担当し、バイス・プレジデントまで登りつめています。その後ペプシ・コーラに転職し、2012年にトヨタ自動車の米国法人に入社しました。

そして2015年4月にトヨタ自動車初の外国人女性役員になる。新設された「チーフコミュニケーションオフィサー」に就任し広報部門を担当しています

結婚していて、夫と子供2人の4人家族です。しかし、数年前から日本に住み、恐らくは単身赴任ではないかと思われます。

非常に華々しい、まるで絵に描いたような出世街道を走ってきたわけですがトヨタが彼女にかける期待も相当に大きかったと思われます。

 

豊田社長の記者会見

逮捕の翌日に即、豊田社長が会見!

会見で社長はお詫びをしつつもハンプ氏を非常に庇っていたのが印象的です。「ハンプ氏は法を犯す意図がなかった事が明らかにされると信じている」

しかしハンプ氏は、日本では麻薬に指定されている薬品を含む錠剤を偽装して国際郵便で持ち込もうとしたわけで、つまり、品目は「ネックレス」で錠剤はそうしたものの中に厚紙で包んだりして忍ばせていたわけです。

アメリカでもこのオキシコドンを含有する薬品は、これに絡む犯罪が多発しており、警察当局が最も警戒する薬物の一つなのです。

これだけ厳しい状況を前に、いったい豊田社長は何を根拠に「法を犯す意図がなかった」と信じたのでしょうか? ハンプ氏もさることながら、トヨタ自動車が心配です。

あるいは「役員も従業員も子供のような存在で何かあれば当然に守る」というような発言もされており、その信念の結果だったのでしょうか。

さて、大きな衝撃であった今回の逮捕劇。そこで押収された錠剤の主成分オキシコドンとはどんなものなのでしょうか

 

オキシコドン

上記のように国内では「麻薬」であり医師の処方が必要ですが、アメリカにおいても医師の処方は必要です。

またWHOにおいてはヘロインやLSDと同類のスケジュール2に分類されています。いずれにしましても取り扱いに相当な管理が必要である事は間違いありません。

 

薬としては強力な鎮痛作用があります。特に、一般的な鎮痛剤が効きにくいガンの痛み止めとして非常に有効です。作用に有効限界がなく、使用増量に伴い作用効果も増強します。

モルヒネと同類であるにもかかわらず、吐き気や便秘或いはせん妄やかゆみといった副作用が一般的にはモルヒネよりも少なく、腎臓の障害時にも比較的安全です。

 

しかし・・やはり依存性があるのです。

 

次に効果速度についてですが
錠剤とカプセルについては飲用後1時間以内に効果が出て約12時間の持続します。粉末は即効性が高く、飲用後15分以内に効き初め、救急の痛みに対処できます。

非常に大切な薬である事がわかります。特に強く感じましたのは、人生の終末期に最後まで尊厳を保って終わるにはなくてはならないものの一つではないか、という事です。

 

アメリカでは最警戒薬物の一つ

薬物に手を出した事のないものにとっては、どうしてこれが乱用されるのか理解しにくいのですが、この錠剤を砕いて吸うとヘロインのような感覚を得られるらしいのです。

しかも依存性があるので、継続使用していると中毒になってしまうのですね。アメリカでの薬物中毒はセレブやロック歌手などに広まっていると、早くから言われていました。今回のオキシコドンについてはあのマイケル・ジャクソンも長期間使用していたと言われています。

 

アメリカでは処方薬ではあるものの一般的な痛み止めとして、比較的手に入りやすい薬ではあります。一方、これ欲しさの薬局強盗が多発しており更に密売も多く、中毒と犯罪の関連性の高さでアメリカの警察当局が最も警戒をしている薬物の一つなのです。

 

以上、どうだったでしょうか?
話をトヨタ自動車に戻しますと、60名以上いる役員の中で女性役員は僅か2名、しかも一人が日本人なのでジュリー・ハンプ氏はたった一人の外国人常務役員な訳です。しかも同社初の。

つくづく痛すぎるんですよね、今回の件は。トヨタ自動車にとってもハンプ氏にとっても。

いったい今後どうなるのでしょうか?

スポンサーリンク

シェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です