【新iPad mini 6】欲しい機能全部入りが遂に出た!もう買わない理由はない!!



待ちに待った全部入りの新iPad mini 6登場!

この記事は、今日(9/15)開催されたAppleイベントで、待ちに待った新しいiPad mini 6が遂に出たので、これをご紹介します。

思い返せば初代iPad miniが出て以来、何かしら不足な部分が常にあって「改善待ち派」な方は、購入になかなか踏ん切りがつかなかったかもしれません。

今に至る過程で、改善どころかオワコンの噂が出るくらい放置された期間もあって、唐突に高速A12Bionicチップ搭載機が出た時は驚きました。

まだ見放されていなかったんだ!

それでも踏ん切りがつかなかったあなたには、ちゃんとそれなりの理由がありました。どうしても改善して欲しい点が、尚、幾つも放置されていたからです。

長かったですね、今日、やっと全面改良が加えされ、全部入りの新iPad mini 6が遂に登場しました。遂に手中に収める時が到来したのです。

それでは、嬉しい改善点を一つ一つ説明していきます。

 

薄くなったベゼルと広くなった画面

第五世代までのiPad miniに一番変わって欲しかった点は、なんといっても上下のベゼル幅縮小でしょう。

これが第六世代になって、遂に上下左右同幅の薄いベゼル幅が実現しました。ここに辿り着くまでどれほど時間がかかったことか。

改めて第五と第六を並べて見てみると・・・↓

第五世代がやたらヤボったく見えてしまう・・・

 

 

その結果、当然ながら画面が大きくなりました。

  • 第五世代:7.9インチ(2,048 x 1,536ピクセル解像度、326ppi)
  • 第六世代:8.3インチ(2,266 x 1,488ピクセル解像度、326ppi)

 

そして、おもしろいな!と感じたのは、第六世代の縦の長さが短くなってるのですよ。

  • 第五世代:幅134.8mm・高さ203.2mm
  • 第六世代:幅134.8mm・高さ195.4mm

ね、なんか不思議な気がしません?(嬉しいけど)

大きくなった画面はLiquid Retinaディスプレイ。True Tone、P3の広色域、そして極めて低い反射率を実現しています。

だから文字は美しくクリアに、色は鮮やかに映し出されます。

 

 

軽くなった

実は重量が僅かながら減っています。軽くなっています。

  • 第五世代:300.5g(Cellularモデル308.2g)
  • 第六世代:293g(Cellularモデル297g)

この「小さい・軽い」って、特に日本人に響くような気がします。

 

 

最新最強チップを搭載

  • 第五世代:A12 Bionicチップ搭載
  • 第六世代:A15 Bionicチップ搭載

今回同時に発表されたiPhone13 Proと全く同じ最強チップを搭載しています。

iPhone13とiPhone13 Proでは同じチップ搭載とはいえ若干コア数が違い、その点差があるのですが、第六世代iPad miniはiPhone 13 Proと同じものを積んでいます。

もちろんNeural Engineもより強化され、マシンラーニング能力が大幅に改善されています。

こうした進化は結果として、第五世代と比べ・・・

  • CPU 40%アップ

  • GPU 80%アップ

  • 機械学習能力 2倍アップ

と、それぞれ能力向上しました。

クロックダウンされていた(9月20日追記)

ベンチマーク発表記事からわかったのですが、iPad miniのチップは2.9GHz、一方iPhone 13は3.2GHzなので、クロックダウンされていることがわかります。

 

 

コネクタがUSB-Cに変わった

これも超デカイ変更です。

特に、写真や動画など重たいファイルをたくさん扱う方にとって、外付けSSD取り付け、そして高速データ移動はとても重要で、それができるか否かは購入動機の大きな要素でしょう。

また、iPadOSの進化によって、最近では外付けSSD内のデータを直接エディットできるようになってきているので、この点からも今回のコネクタ変更のメリットは小さくはありません。

そういえばカメラなんかも接続できますね。

  • 第五世代:Lightningコネクタ
  • 第六世代:USB-Cコネクタ

 

 

指紋認証が電源ボタンに含まれた

認証は第五世代と同じく指紋認証なのですが、ベゼルが薄くなった関係で電源ボタンに埋め込まれました。

持ち出す頻度が高いと思われるiPad miniなので、顔面認証よりいいかもしれませんね。

認証を素早く安全・正確に!

 

 

スピーカー

第五世代ではモノスピーカーだったのがステレオスピーカーに進化しました。

これにより、横向けにして聞くと音楽などに立体感が出て、映画の鑑賞なんかではより没入感が得られるでしょう。

音は大切です。

 

 

カメラと動画

第五世代と比べるともう全面的に刷新されました。今回の変更では、「ここが一番!」と言ってもいいほど。

  • 広角カメラの画素数が8百万から12百万へ。絞り値が2.4から1.8へ。
  • 背面カメラにはフラッシュを搭載

動画では・・

  • 新しく4kビデオ(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)の撮影が可能に

そして

  • 1080pスローモーションビデオ(120fpsまたは240fps)に対応。

フロントカメラでは・・

  • 超広角カメラとなり
  • 写真の画素数も7MPから12MP

へと進化。

センターフレーム対応

センターフレーム対応となったので、ネット会議中にあなたが顔を左右に振っても、ちゃんとカメラが追随してくれます。またその画面に別の人が入ってきたら、全体が整うようにちゃんと調整してくれます。

 

差異を文字で表現しても伝わりにくいのですが、実際の写真や動画で比較すると、その進化ぶりにはあなたも驚くでしょう。

 

 

第二世代のApple Pencil対応

第五世代iPad miniではApple Pencil 1対応でしたが、第六世代iPad miniではApple Pencil 2対応となりました。

今まで実際にApple Pencilを第一世代・第二世代と使っている方は実感されるでしょうが、もう断然第二世代が使いやすいです。

最大の要因はApple Pencilの充電を考えなくても良いことです。Apple Pencil 2は、iPad mini本体側面にペタッとくっつけておくだけで自動充電されます。

 

 

通信速度の向上

第五世代が4G対応だったのが、遂に5G対応となりました。色んな意味で高速ネット通信が必要な時代になりましたね。

 

 

バッテリー

バッティーの持続時間ですが、能力が大幅に向上しても、使用可能時間は第五世代iPad miniとほぼ同程度で、Wi-Fiでのインターネット利用またはビデオ再生で使用して最大10時間程度です。

安心して資料作成・動画編集・ゲームなどができますよ。

 

 

美しい4つのカラー

カラバリは、第五世代がシルバー・スペイスグレー・ゴールドの3色だったのに対し、第六世代はスペースグレイ・ピンク・パープル・スターライトの4色になりました。結構な変更。

まだ実物を見たわけではありませんが、写真で確認する限り、全体的に発色そのものが変わったように感じます。

 

 

まとめ

いかがでしょうか? 細かい部分は省略しましたが、主だった改善点を説明してきました。凄まじい進化ぶりの程をわかっていただけましたでしょうか?

どちらかというとPro仕様に近くなりましたね。文句のつけようがない。

もし、あなたがiPad miniの買い時を探っていたなら、間違いなく第六世代は「買い」です。決断の時です。

しかし仮に、これだけの進歩を見ながら、尚、見えない手に背中が押されないなら・・・きっとminiとは縁がないのでしょう。

 

また、予算との相談が必要な場合ですね。

もし職業的な先鋭さを求めなくて良いなら、小ささに拘らなくて良いなら、多少の野暮ったさに目をつぶるなら、今回同時に発表された10.2インチの第九世代iPadでも十分満足できるはずです。

第九世代iPadは価格を含んで勘案すれば、相当に納得のいく進歩をしています。

  • 第九世代iPad(Wi-Fiモデル) 256GB:57,800円(税込)
  • 第六世代iPad mini(Wi-Fiモデル) 256GB:77,800円(税込)

 

最後に、Appleサイトで第九世代iPadと第五世代iPad mini、そして第六世代iPad miniのスペック比較表が作成したのでリンクを貼っておきます。

(Amazonで購入すると1%のポイントがつきます)



シェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です