【Airtag】電池の全て:寿命から交換方法まで詳しく解説



AppleのAirtagは、バゲージの追跡と安全性を高めるための便利なツールです。

しかし、その小さなデバイスが正確に機能するためには、電池の状態を適切に管理することが不可欠です。

この記事では、

  • Airtagの電池寿命
  • 管理のヒント
  • 交換のタイミング
  • 交換方法

について詳しく説明します。

Airtagの電池はどのくらい持つのか?

AirtagはCR2032コイン型リチウム電池を使用しており、通常の使用条件下で約1年間持続します。

ただし、Airtagの使用頻度や環境によって電池寿命は異なるため、定期的なチェックが重要です。

「使用頻度」とは?

Airtagでは、バッテリーは常時オンの状態で動作しています。

そして、「使用頻度」は、Airtagがどれだけ頻繁に位置情報を更新するか、またどのくらいの頻度でBluetoothや近隣のAppleデバイスと通信するかに依存します。

例えば、Airtagが頻繁に移動する場合(例えば毎日持ち歩く鍵に取り付けられている場合など)、位置情報の更新と通信が頻繁に行われ、その結果、バッテリー消耗が早まる可能性があります。

 

電池の寿命管理と確認方法

1.iPhoneに自動表示される

AirTag の電池の残量が少なくなってくると、iPhone に通知が表示されます。

2.「探す」アプリで確認

Airtagの電池状態は、iPhoneやiPad上の「探す」アプリを通じて確認できます。

アプリ内でAirtagを選択すると、電池の残量がアイコンで表示されます。

もし電池残量が低下すると、アプリ上に通知が表示され、交換が必要であることを知らせてくれます。

 

交換のタイミング

電池残量が少なくなると、Airtagの追跡精度や接続範囲に影響が出る可能性があります。

したがって、電池残量が低いという通知が表示されたら、できるだけ早く交換することをお勧めします。

祥子
まだ動いてるからええわ。止まったら電池換えよ

こういう考え方↑は危険です。いざという時に必ず困ることになります。

 

交換方法

Airtagの電池交換は簡単で、以下の手順で行います。

  1. Airtagの白いカバー部分を持つ
  2. ステンレススチールのカバーを親指と人差指で反時計回りに回して開ける

  3. 古い電池を取り出し、新しいCR2032電池をプラス側が上になるようにセットする

  4. ステンレススチールのカバーを戻し、時計回りに回してロックする

電池交換の際の注意点

Airtagを開ける際は、力を入れ過ぎないように注意してください。

水濡れや汚れが電池の性能に影響を与えることがありますので、交換時は清潔な場所で行ってください。

正規のCR2032電池を使用することで、Airtagの最適な性能を維持できます。

 

まとめ

Airtagの電池管理は、迷子になったバゲージを見つける上で非常に重要です。

電池の寿命を理解し、適切に交換することで、Airtagを最大限に活用しましょう。



シェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です