台湾のタクシーの配車アプリは三種類【使い分けが必要です】



台湾の配車アプリは三種類

この記事は、台湾旅行で利用できるタクシーの配車アプリを紹介する目的で作成しました。

台湾では、台北の各ホテルや観光客が集中する場所のお土産店では、ほんの少しなら日本語も通じますが、平均的一般的にはまず通じません。英語もほぼ通じません。

なので、まぁ世界中どこに行ってもそうでしょうが、やはり言葉の壁が障害となって、なかなかやりたい事ができずタジタジとなるケースが多いですよね。

今回のテーマであるタクシー利用も敷居が高いと感じている人が多いでしょう。

例えば、空港から宿泊する台北のホテルまでとかならそう難しくもないのですが、今いる場所で拾って特に有名でもない目的地を告げるようなシチュエーションでは厳しいですよね。

そこで、配車アプリを活用しましょうというお話しです。

何と言っても、乗車する前に乗車地点や目的地が運転手に分かってもらえるのがありがたいです。つまり言葉で依頼をする必要がないわけで、加えて、凡その料金も乗車前にわかるのだから二重に安心です。

それ以外の付加価値もあるのですが、とにかく、配車アプリを使って、日本とは比較にならないくらい安い台湾のタクシーを上手に使い楽しく台湾を旅行しましょう。

世界主要都市のタクシー料金比較

下の比較表はトリップアドバイザー関連のサイトにあるものですが(リンク先に飛ぶと大きな表が見られます)、これを見ると日本と他国の差異がよく分かります。改めて・・日本のタクシーは高いですね^^

 

早速ですが、利用できる配車アプリのご紹介をしていきます。

  • Uber
  • LINE TAXI
  • 台灣大車隊55688

Uberはよくご存知でしょうが、あとの二つは馴染みがないがないと思いますので、簡単に説明します。

LINE TAXIは出来立てのホヤホヤです。これは、2017年に創立した台湾のTaxiGoという配車アプリ会社とLINEが提携し合体したもので、あなたが既に使っているLINEに友達追加すれば利用できます。

台灣大車隊55688はいわゆる配車型ライドシェアではなく、台湾最大のタクシー会社台灣大車隊が運営するもので、つまり自社タクシー及び関係会社の配車用アプリです。

なので、特にUberをよく利用している方は台灣大車隊55688なんていらないと思うかもしれませんが、それは違います。

なぜなら、Uberを利用できるエリアは台湾全体で見れば、ごく限られており、それ以外の場所でタクシーが必要な場合には台灣大車隊55688が重宝するのです。

 

ところで、LINE TAXIはあえて利用する必要がないと考えています。その理由を以下に述べます。

  1. 登録運転手が大都市に集中し数が少ない
  2. 支払い手段を選択する必要がある
  3. 使える場所が台北の中でも更に絞られる
  4. アプリが北京語にしか対応していない
  5. UIがLINEのトークに無理やり対応させている感があり使いにくい

ということです。将来はわかりませんが、現在は外国人にとって使いやすいとは言えません。したがって、台北ではUberを使いましょう。

(LINE TAXIは日本にもありましたが、競争激化で2018年8月に撤退しています)

それでは個別に説明していきましょう。

 

 

Uber

Uberの使える地域は、サイトによると・・・

  • 台北
  • 新竹
  • 桃園
  • 台中
  • 高雄

とあります。しかし、情報をいろいろ確認すると、まともに不便なく使えるのは台北と高雄くらいかなと思われます。

もちろん、今後、各地区で登録運転手数が増加すれば、また景色は変わってくるのでしょう。

UBERアプリのダウンロード

スマホ環境

もし、あなたが日本キャリア(NTTとかソフトバンクとか)の紐付きスマホを利用している場合は、海外のフリーsimを使えません。

然りとて、高い国際ローミングなんてアホらしくて利用できるはずもないし、結局、ルーターをレンタルしなければなりません。

もし、そこそこ海外旅行をされるのであれば、安いものでいいのでsimフリーのスマホを一台持っておくことをお勧めします。

到着空港に必ずある中華電信、台湾大哥大、亞太電信のいずれかで、滞在日数に一番近いsimを購入してスマホに入れてもらう(通信ができるようにしてもらう←これ大事)

今やスマホは海外旅行の必需品です。

スマホ

台湾旅行を3倍楽しくする上手なスマホ環境設定の考え方

2015年11月21日

 

多くの方にとっては、日本でUberアプリをダウンロードをしておくことが大切でしょう。

Uber

Uber

Uber Technologies, Inc.無料posted withアプリーチ

なぜなら最初の登録手続き中、SMSで認証番号が送られくるので、その前に電話番号の登録が必須です。国内であれば、確実に電話番号の登録を済ませられます。

初回利用限定クーポン

このクーポンは登録した国において初回限定で使えるものなので、もし、台湾でもUberのアカウント登録ができる方は、台湾ですれば初回限定のクーポンが台湾で使えます。

 

アカウントの登録

実際にアプリをダウンロードして立ち上げれば、スイスイと登録作業はできて迷うようなところはないと思われますが、一応手順を記しておきます。

  1. アプリを立ち上げ電話番号を入力する(ソーシャルメディア アカウントを使っても登録できますがここではそうはしない)
  2. SMS(iPhoneなら「メッセージ」アプリ)に4桁のコードがすぐに届く
  3. これをアプリの指定された場所に入力して「→」をタップする
  4. メールアドレスを入力する
  5. 任意のパスワードを入力する
  6. あなたの名前を入力する
  7. 利用規約その他に同意する
  8. タクシーの支払い方法を選択する(実質的な選択肢はクレジットカードでしょう)
  9. カード情報を入力する

 

これで使用できるようになりますが、続けて顔写真も登録しておくとアプリ使用時に運転手があなたを見つけやすくなります。早速登録しましょう。

  1. アプリのホーム画面の左上にある三本線をタップする
  2. 一番上にあるあなたの氏名の左側の円をタップする
  3. 「写真を撮る」か「ライブラリから選ぶ」のどちらかを選択する
  4. 写真を登録する

はい、これであなたのUberアプリが世界のどこででも利用できるようになりました。

海外に行っても日本語でアプリを操作できるので打ち間違いなどはなくなるし、その分ストレスフリーです。

Uberアプリの利用方法

ここでの説明をささ〜っと読めば簡単に利用できます。読まなくてもいいくらい^^

  1. ホーム画面で「行き先を入力」をタップする
  2. 行き先を文字文字入力で指定(文字を入力し始めると下に候補が現れる) or 「地図上のピンを配置してください」をタップして地図上で指定(ピンではなく地図を移動させる)
  3. 候補の車と料金が表示されるので確認をして「配車を確定する」をタップする(もし選択肢にUberXがあればこれは届出している白タクで概ね安い)
  4. タクシーが到着したらUberアプリに表示されている車のナンバーとユーザー名を付き合わせて間違いがなければ乗車する
  5. 目的地に到着したらアプリに登録している支払い方法で自動的に決済されるので支払い関係の行動は不要
  6. 降車したら運転手のレビューをする

これで無事に利用できました。

プロモーションコード

Uberには乗車料金の割引サービスを適用される場合があります。プロモーションコードを入力することにより実現するのですが、予め下記の説明文に目を通し理解しておいてください。

  1. Uber プロモーションと Uber Cash を使う
  2. プロモーションコードの入力・確認方法
  3. プロモーションについて別の問題がある
  4. Uber プロモーションについて
  5. Uber Cash (Uberクレジット)について
  6. どこでUber Cashを確認できますか?
  7. プロモーションコードが適用されなかった

★★ 無料乗車(紹介プロモーション)サービスは、2020/6/29をもって終了致しました。★★

指定場所の認識が運転手と異なった場合

GPSの不調などの原因で、指定したはずの場所とは少し違う場所に車が来てしまい、当然あなたはそこにいないから、運転手から・・・

  • “Where are you now ?”

などとUber内チャットで質問が飛んできたりします。この場合、アプリで場所を再指定できるなら運転手に確認してもらい、来てもらいます。

しかし「今ここにいる」と説明できない場合は、アプリを見て車のいる場所を確認し・・・

  • “I’ll be coming to you in a moment, so please remain still.”

などと打ち返して、すぐに向かいましょう。

ただ、北京語しか使えない運転手の方が多いので、そうなるとトラブったときの意思疎通は難しいです。

Uberとタクシーではどちらが安い?

Uberアプリで予め目的地までの料金を確認しておいて、そこまでタクシーを利用してみてください。

たいして料金に差がないとわかるでしょう。でも、選択肢にUberXがあれば、それを選択すればUberのほうが安いかもしれません。

 

 

台灣大車隊55688

 

先に説明しましたように、台湾でUberアプリが使える場所はごく僅かの大都市だけなので、それ以外でタクシーを利用したい場合は、台灣大車隊55688というアプリがいいでしょう。

なんといっても台湾最大手のタクシー会社とその系列なので、このアプリをスマホに入れて登録しておけば役に立つ機会はきっとあるでしょう。

まずはアプリをダウンロードしましょう。

台灣大車隊 55688

台灣大車隊 55688

TaiwanTaxi Co., LTD.無料posted withアプリーチ

日本では登録できない

他の方の説明を読むと複数の方が日本でも登録できるとしていますが、実際にやってみたところ、iPhoneでもAndroidスマホでもできませんでした。

下記登録手順説明の「取得簡訊驗證碼」タップからSMSで確認コードを受け取る手順となるのですが、ここで「SMS service unavailable」と出て進めません。私だけなのでしょうか?

しょうがないので、次回訪台時に、購入するsimに付帯する電話番号で登録してみようと思います。

登録の手順

では登録について説明していきます。これもUberと同じでほぼ流れ作業です(単語の意味だけ↓で確認してください)

  1. アプリを立ち上げると紹介画面が出るので最後の画面の「立即開始(すぐ始める)」をタップする
  2. 登録画面がでるので画面右下の「註冊新會員(新規会員登録)」をタップする
  3. 約款の画面になるので右下の「同意」若しくは「Agree」をタップする
  4. 次の画面(註冊<登録>)一番上の「会員帳號」では台湾国旗右横の「886」をタップし選択肢から日本を選ぶ
  5. その右に携帯番号を入力する(頭の「0」は省く)
  6. 2段目「密碼(パスワード)」欄に任意のパスワードを入力する
  7. 3段目「確認密碼」蘭には上段で入力したパスワードを再入力する
  8. 4段目「姓名」欄にはあなたの氏名を入力する
  9. 5段目「稱謂」はあなたが男性なら「先生」女性なら「小姐」にチェックを入れる
  10. 6段目「電子信箱」にはあなたのメールアドレスを入力する
  11. その下の「取得簡訊驗證碼(SMSで確認コード取得)」をタップしコードを取得する
  12. 取得した確認コードを「認證方式」の下に入力する
  13. 下にスクロールすると現れる「確定註冊(登録内容の確認)」をタップする

これで登録完了です。

実際に利用するときにアプリを立ち上げるとログイン画面が出るので、電話番号とパスワードを入れて「LOGIN」をタップします。

クレカ登録を促されるかもしれませんが、現金払いでOKです。また、「開放GPS定位・・」が現れたら「是」をタップします。

これにより、アプリがGPSを使えるようになります。

使い方の手順

  1. メイン画面の「地圖叫車」をタップ
  2. 「選擇上車地點」画面で乗車場所を指定し画面下の「確定位置」をタップする
  3. 「選擇下車地點」画面で降車場所を指定する(候補が幾つか出るので合致すればそれをタップ)
  4. 「叫車資訊」画面で乗車場所・降車場所の確認と大凡の料金が出る、その下に支払い方法が出るが「現金」か「悠遊卡」がおすすめ
  5. 「叫車資訊」画面中段の「特殊需求」は付帯サービスで、トランクに荷物を入れたいときは「開後車廂」をタップする
  6. 「叫車資訊」画面、最後に一番下の「確定叫車」をタップする
  7. すると適切な車を探してくれて確定すると、車のナンバーが記されたメールが来る
  8. その番号を頼りに、見つけたら手を上げて乗車する

おおよそ以上のような手順になります。

アプリとしてはUberアプリの方が便利に造られてますね、なにより日本語だし。でも、それが使えないところで流しも捕まえられないときは台灣大車隊55688を利用してください。

 

 

LINE TAXI

先に述べたようにLINE TAXIは今のところ、Uberタクシーの活動範囲内にしかいないので、日本語の使えないLINE TAXIを使う理由はないとは思います。

それでもトライしようという方はダウンロードしてください。要領は普通のLINEの友達追加と同じです。

 

 

まとめ

台湾の配車アプリについて解説しました。今回は、登録や使用方法に写真を添付しませんでした。あなた自身のスマホを見ながら説明を読んでいただいたら理解できると思います。

写真を貼るとどうしても縦幅を取ってしまってだら〜っとして読みにくい気がしたのでやめました。どうでしょうか? やっぱり今まで通り写真を添付した方がいいですか?

さて、ここまで説明を読んでくださった方はもうお分かりですが、台湾では二つのアプリの使い分けが大切でしたね。

  • Uber:今のところ台北や高雄
  • 台灣大車隊55688:台湾最大のタクシー会社グループなのでUberを呼べないところで役に立つ

是非上手に利用して便利に楽しく台湾旅行をお楽しみください。

 

台湾のタクシーは他の東南アジアのタクシーと比べ、圧倒的に安心です。配車アプリを利用すれば尚のこと。

そうはいえ、台湾のタクシーについて事前に知っておいた方がいいこともあるので、一度↓下の記事も読んでおいてください。

台湾のタクシー

台湾観光でタクシーを快適に利用する為に知っておくべき事

2016年11月23日

 

新型コロナから一刻も早く開放されて、早く台湾に行きたいですね。



シェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です