【iPhone】遂にマスク顔でFace IDのロック解除が可能に!



顔にマスクをつけたままでiPhoneのロック解除が可能に!

まさにタイトル通りの内容をお伝えする記事です。

万人が恒常的にマスクを着用するようになって早一年が過ぎようとしていますが、iPhoneユーザーはFace IDが使えなくなって不便を強いられていたかと思います。

不便だし、顔認証ができないからといって、他人の目が届くようなところでパスコードを入力するのは当然嫌です、何よりリスキーです。

ということで、非常に困った問題であったのですが、遂に朗報がとどきました。

次のiOSのアップデートで、Apple Watchを腕につけている人に限るとはいえ、マスクを顔につけたままでiPhoneのロックが解除できる機能が装備されることがわかったのです。

 

マスク顔でのiPhoneロック解除はApple Watchが胆

現在のiOSのバージョンは14.4です。したがって次回アップデートでiOS14.5となるのですが、最近そのベータバージョンがあがって、そこに上記の新機能の搭載が確認されているのです。

必須条件はiPhoneの持ち主の腕にApple Watchが装着されていることです。

Macのスリープ解除をApple Watchで行うという経験を既にしている方は想像がつくと思うのですが、iPhoneのロック解除でも成功するとApple Watchは腕に振動を伝えます。

もし、不意に腕に「ブルッ」ときたら、つまり意図しないロック解除が発生したら、即iPhoneの再ロックが可能で、これが危険回避策になっているようです。

 

マスク顔でのiPhoneロック解除の利用条件

最後に、マスクをした状態でiPhoneのFace IDを起動しロック解除をするための条件を記します。

  1. iOSは14.5、WatchOSは7.4であること
  2. ロックの解除されたAppleWatchが腕に装着されていること
  3. iPhoneのホーム画面の「設定」をタップし「FaceIDとパスコード」を選択し「Apple Watchを利用してのiPhoneロック解除」をオンにしておく

以上でOKです。で、実際の動作はこんなかんじです↓。

また、この連携機能は、あくまでもiPhoneのロック解除のみに有効であります。従って、App Storeなどのパスコード自動入力には寄与しません。

 

 

最後に

ということで、Apple Watch利用者限定という条件はつきますが、顔にマスクをした状態でもFaceIDを使ってiPhoneのロックが解除できるようになります。

ただし、iOS14.5の正式バージョンのリリース日程はまだ明らかになっておりません。そう遠くない日ではあるでしょうが。

もし、まだApple Watchをお使いでなかったら、これを機にご検討なさってはいかがですか? めちゃくちゃ利便性が向上しますよ。

Apple Watchの便利な機能と小技【一度使うとやめられない】



シェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です