【台湾】台東市の美食大集合【怒涛のB級グルメ・ベスト10】



素材が美味しい台東の料理

今回の台東旅行では、高級店には一度も行っていません。なので、ここで紹介している料理も、全て庶民的な台東市民の誰もが口にする料理ばかりです。

中には、台北では食べられないものもありますが、それは台東独特というより、そのお店のオリジナル的なものですね。

 

何れにしても、ほとんどの方はここに紹介する料理のどれもが美味しく食べられると思います。

全てが台東の地産地消ではないでしょうが、どれも素材そのものが新鮮で美味しいと感じました。そして、全体的に言えることは、味の水準がかなり高いということです。

台東の食堂、なかなか頑張ってる!

 

では早速紹介していきます。語呂の関係でベストテンと銘打ってはいますが、実際は13品と番外2品を紹介しています。さて、どんな料理が出てくるでしょうか?

 

 

第13位 台湾カフェテリア

台南小南雞腿排骨大王

台東市内のホテル案内記事で紹介している中華典藏商旅が面している中華路一段にあるお店です。

こちらはでっかい看板とは裏腹に、自助飯(ご飯盛ってもらった自分の皿に、並んでいる肉・魚・やさい料理を好きなだけとって最後に清算する形式)のお店です。

自分で好きなものだけ取るというスタイルなので、料理を頼む必要がありません。(一部料理は目の前で作っている場合もある)

好きな料理を皿に乗せる

 

この店は味というよりも、「こういうスタイルの店もあるからね」という意味での紹介です。

慣れていないとちょっと戸惑うかもしれませんが、要領は上記の通りで、台湾ではよくある形式です。

何度か台湾に来た人が「今日は夕食考えるの面倒だな」って思った時に、自助飯を知っていれば凄く助かりますよ。

 

なぜか精進皿になってしまった

もちろん普通に美味しいです。私は肉食べようと思って来たのに野菜ばっかり取って、素食弁当みたいになってしまった^^

  • 台南小南雞腿排骨大王
  • 住所:台東市中華路一段360號
  • 営業時間:10:30〜13:30 中休み 16:00〜20:00

 

 

 

第12位 行列のフライドチキン

阿鋐炸雞

台東市内の超人気フライドチキン店。フル回転で作業してるけど、結構待たされます。そのかわり、出来立てが買えます。

とにかく次から次からひっきりなしに客が来店し、大忙しです。常に人が並んでいるところはハズレなしです。

 

メニュー

別に珍しいもんじゃなく、フライドチキンだから味の想像はつくんだけど、それでも、食べてみるととてもジューシーで歯ごたえがよくて美味しいんですよね、ここの。

旨味が詰まった肉質と独自のスパイスと油、そして揚げ加減なのでしょうか。並ぶ理由がわかる。

 

フライドチキン

特に「台東」というわけではないのですが、おいしいし気軽に行けるので是非一度!

冷めても美味しいから、ホテルでビールとともにというのもいいですよ(私はこのパターン)。

  • 住所:台東市正氣路163號
  • 営業時間:11:00〜23:00(火曜休み)
  • FB:阿鋐炸雞

 

 

第11位 ミンチ肉じゃない魯肉飯

阿水伯魯肉飯

凄いローカルな魯肉飯のお店。ホテルのスタッフに教えてもらいました。

場所は台東観光夜市の正気路を(下に紹介する)北港小吃部より更に東へ100m進んだところです。ここもまだ繁華街の一部ですね。

 

魯肉飯と魚丸湯は黄金の組み合わせ

阿水伯の魯肉飯はミンチ肉じゃなくて角切りにしてますね。ちょっと肉少ないんじゃない?という気もしますが、若竹と高菜漬との味のバランスはとてもよくて美味しいです。

もう一つ頼んだのは、おなじみ魚丸湯。スープが水っぽくなく、しっかりだしが効いていて台湾セロリとの相性がバッチリです。魚すり身団子はQQ(歯ごたえがいいこと)でこれもおいしかったです。

 

メニュー

ホント庶民的で飾りっ気がなく、ちょっと小腹が減った時に気軽に行けるお店です。

  • 阿水伯魯肉飯
  • 住所:台東市正気路174號
  • 営業時間:7:30〜21:00(日曜・火曜休み)

 

 

 

第10位 モチモチ蒸し餃子

南北餃子館

看板は餃子ですが、なんでも一通り料理が揃うお店。いろんな料理を複数人で楽しく食べるには最適なお店です。

場所は和平路沿いで、福建路を少し東へ越えたところです。繁華街の少しだけ外れの方。

混雑前の様子

ここもなかなか人気があって、日暮れ前に行ったときは人がいなかったのに、帰るころには二階まで満席でした。

 

この餃子はジューシーでデカイ

蒸し餃子はテーブルにある醤油や酢などでタレを作って食べるのが普通でしょうが、私は、本来の味が消されるので、何もつけずに食べます。

結構大ぶりの丁寧な仕事がわかる包みにかぶりつくと、肉汁がたっぷり入っていて、旨味が口に広がります。おいしいね。

これだったら、他は頼まずに餃子だけを二籠頼んだ方が良かった。こんなにイケる餃子だとは思わなかった。

空芯菜炒めと鶏料理

  • 南北餃子館
  • 住所:台東市和平街117號
  • 営業時間:11:00〜14:00 中休み 17:00〜20:30

 

 

第9位 碗粿というコラボ

古早味碗粿

台南名物の碗粿が食べられるお店です。

場所は私が推薦するホテル・潮渡假酒店の前の新生路を280m北進し、傳廣路に右折して250m進んだら、道沿い左側にあります。

 

碗粿の台湾で一番有名なお店は、別記事でも紹介している台南の富盛號碗粿ですが、そことは味が全然違います。ここのレベル高い。

碗粿は、水溶き米粉の中に豚ミンチやエビの餡を入れて蒸して、それにトロミのあるタレをかけて食べる、シンプルなものですが奥が深いんですね。

 

碗粿

モチモチの碗粿と甘しょっぱいタレ、そして塩気のある泡菜とすりおろしニンニクのパンチが組み合わさって複雑な美味しさを醸し出します。

完全に個人の好みの問題ですが、私は富盛號碗粿よりこっちが好きかな。まさか台東でこんなお店に出会えるなんて、ちょっと驚き。

 

碗粿

営業時間が短いので行かれる方は注意してください。

  • 古早味碗粿
  • 住所:台東市傳廣路105號
  • 営業時間:8:30〜14:30

 

 

 

第8位 肉羹と米糕を同時に味わえる

北港小吃部

台東市の下町食堂で、肉羹(豚肉のとろみスープ)と米糕(餅米と具材を中華鍋で調理し型や竹筒に入れて蒸したもの)が有名なお店。

台東観光夜市のある正気路を東進しクロスする光明路を左折してすぐにあり、シェラトンからだったら徒歩で4分かからないくらい。とても行きやすい場所です。

 

肉羹と筒仔米糕

肉羹だけの注文もいいですが、そこに麺を入れたものが美味しいです。筒仔米糕もね、本当に安定の美味しさで、なんだろう、やっぱり餅米がおいしいのかな。

 

香菇猪脳湯

大失敗だったのが、もう一つ頼んだ香菇猪脳湯。しいたけダシのスープに豚の脳みそが入ったものなんだけど・・店の客が「おいしいよ〜」って言ったから・・

脳みそがだめなんじゃなくて味がひどい。薬膳でもなかなかないくらいに凄く苦いわけですよ。苦い苦い。残すの嫌だったから全部食べたけど、厳しい罰ゲームでした^^

 

まぁそれはそうとして、肉羹と筒仔米糕は素通りできないですよ。

店内

  • 住所:台東市光明路212號
  • 電話番号:089-327-089
  • 営業時間:8:00〜19:00
  • FB:北港小吃部

 

 

第7位 年季の粗食寿司

四維路粗食寿司

場所は中華路一段から四維路一段へ右折してすぐ。

中心部からほんの少し離れただけでこの感じ、人がいない。でも粗食寿司のあたりは、食堂が何件かあって、飯時はそれなりに人が来るようです。

 

この店を知ったのは、以前放送してた台湾のテレビ番組「阿松来了」を見たのがきっかけです。

下のYouTube動画の0:18〜3:43あたりです。

 

じいちゃんが一人でのんびりやている、見た目お世辞にも綺麗とはいえないお店。でもテレビで阿松が「美味しい」って言ってたので食べてきました。

阿松は素粽(ちまき)も注文してたけど、私が行ったときは、のり巻きといなりのセット(ばらばらには注文できない)、と豆干(台湾干し豆腐)だけ。

味噌スープは寿司セットについてきます。

海苔巻き寿司と味噌スープ

 

海苔巻きの具は日本と全然違って、細切りきゅうりと魚のデンブと泡菜と・・・そんな感じ。素食だから肉・魚系は入ってません。

味は・・・うまい!!

阿松の言葉通り米がうまいのと酢飯の味付け加減が上手。これ、かなり年季が入っている気がする。日本の食文化+台湾の食文化。

味噌スープは出汁は出てて味はまあまあなのですが、味噌が少なく薄い、台湾の味噌汁は薄くて、どちらかといえばスープ。

まあ、でもこれが有ると確かに寿司は食べやすい^^

豆干

豆干は安定の美味しさで、上手に煮ています。

 

と言うことで、じいちゃんの見た目はえらいいかついくて、とっつきは悪いのですが、全然そんなことはなく、言葉こそ通じませんが(じいちゃんの北京語も聞き取りにくい)、昔ながらの優しい台湾人です。

じいちゃんと店内風景

ちょっと珍しく、そして美味しい、なかなか味のあるお店。

  • 四維路粗食寿司
  • 住所:台東市四維路一段490號
  • 営業時間:6〜18:30(水曜休み)

 

 

 

第6位 鬼頭刀料理は台東ならでは

MAHI MAHI TODAY 好漁日

台東市繁華街中心部から更生路を北へ2.5km行った道沿いにあります。

場所的にはちょっと不便で、自転車で行くのが一番ですが、バスであれば一番本数が多いのは8172番で、臺東轉運站から出ていて馬蘭榮家で下車します。

関連のお土産も売っている

 

この店の売りは、台東に水揚げされた新鮮な鬼頭刀(マヒマヒ)をその日の内に持ち込んで、捌いたら即白ワインと塩水につけて冷凍し、鮮度を保ったものを料理して出すことです。

鬼頭刀はどちらかというとあっさり系の味なのでフライにするとうまいです。

メインは鬼頭刀ハンバーガーと鬼頭刀フライ・リゾットでスープもものすごく手間暇かけて作っていて、一度は味わう価値があります。

姉妹でやってる? いい感じの人たち

 

いわゆる台湾料理ではありませんが、台東で揚がっためずらしい鬼頭刀を食べさせてくれるお店として、一度は来る価値があると思います。

マヒマヒフライとリゾット

私は鬼頭刀リゾットをいただきました。鬼頭刀フライは勿論美味しかったのですが、このリゾットが味わい深くてとても秀逸でした。

  • MAHI MAHI TODAY 好漁日
  • 住所:台東市更生路993號
  • 営業時間:11:30〜20:00(水曜休み)

 

 

第5位 無視できない牛肉麵

東鼎牛肉麵館

牛肉麺って元々は戦後四川から渡ってきた中国人が考案した食べ物だし〜、という思いがあるのか、ほとんど食べません。台湾歴20年でも数えるくらい。

そんなことを言ったら、あれもこれも該当するだろ!って話なんですけれどね。

店内の様子

 

で、東鼎牛肉麵ね、なんで入ったんだろう? 有名店だからか? そうじゃなくて単なる気まぐれ^^

結論:めちゃくちゃうまかった。わりと手放しで褒めたくなるほど。

牛肉麺

トータルバランスがとてもよくて、麺のコシ、スープの塩加減とコク、牛肉各部位のほろほろとろとろ感。もちろん臭みは全くなし。

ひょっとしたら八角が少し入っていたかも。

 

餃子全種入り

も一つ頼んだのが「総合餃12粒」で餃子全種入り。これがまた、皮のモチモチ感、餡の濃い旨味(多分調味された豚油が鍵か)。うますぎて笑う。

そして最後に・・・安い。これだけ満足感を与えてこの値段はお得でしょう。レベル高い。

注文票

  • 住所:台東市光明路107號
  • 電話番号:089-350-321
  • 開店時間:11:30〜20:30(火曜休み)
  • FB:東鼎牛肉麵館

 

 

 

第4位 この大腸蚵仔麵線なら台北でも成功する

お店の全景撮るの忘れてた

大腸蚵仔麵線(牡蠣と豚の大腸が入った素麺煮込み)の名店です。場所は、私が台東市内で推薦するホテル、潮渡假酒店の真ん前、博愛路から新生路に左折してすぐです。

 

大腸蚵仔麵線

大腸蚵仔麵線といえば台北・西門町の阿宗麵線が圧倒的に有名ですが、もし台東市に来られたなら食べ比べてみてください。全然負けていない。

海鮮ダシの旨味が効いていて、上手に下処理され臭みの全くない豚の大腸と、新鮮な牡蠣が、麵線ととろっとろに煮込まれ、これ美味しくないと感じる人っているのでしょうか。

 

場所がよくて味が最高なんだから、客足の途切れる理由がありません。

もし潮渡假酒店に宿泊してたら、毎日食べに通いたいお店です。

店内の風景

  • 客來吃樂
  • 住所:台東市新生路220號
  • 電話番号:089-343-096
  • 営業時間:10:00〜20:00

 

 

第3位 有機野菜の粗食料理はここだけの味

杏容咖啡屋

台東旧駅からサイクリングロード沿い1.3kmくらい行ったところにあります。繁華街から少し離れていてお店もちょっと秘めやかで、自転車で行けばいい気分転換。

店内の様子

一押しは何と言っても地元の有機農場で育った野菜を使った拘りの粗食料理が非常に安心で美味しいです。

調味料を一杯使った味ではなく素材勝負な味。

私が食べた有機素材の料理

豊富なメニュー

メニューの種類が多く、しかも日本語がないので迷うところですが、適当に頼んでもいいんじゃないでしょうか。

不味いわけはないんで、そういう選び方も海外旅行の醍醐味でしょう。

  • 杏容咖啡屋
  • 住所:台東市漢中街237號
  • 電話番号:089-351-829

 

 

 

第2位 蚵嗲という名の宝揚げ

寶桑小吃

蚵嗲はニラたっぷりの牡蠣のかき揚げで、この店の名物です。外はカリカリ中はフワフワ。

人気店で列がとぎれないので、作っている人たちが息つく暇もありません。見ている方がしんどくなるくらい^^

この作業を延々と

手前が大根餅、奥が蚵嗲、強烈にうまそう

今回私は蚵嗲に加え、蘿蔔糕(大根もち)を揚げたものと猪血湯(豚の血をゼリー状に固めたものが入ったスープ)を頼みました。

組み合わせとしては最高だと思います。

猪血湯

豚の血といっても、血の味なんて全くしないし生臭くもありません。口当たりが良くて美味しいです。薄味のスープとよく合います。

 

いや〜うまかった。それに胃がもたれない。

営業時間が短いので注意してください。

店頭のメニュー、読めなかったので並んでいるおばちゃんに助けてもらった

  • 寶桑小吃
  • 住所:台東市寶桑路135號
  • 営業時間:全曜日14:30〜18:30

 

 

 

第1位 シンプルな米台目で名店の技がわかる

老東台米苔目

ここ、老東台米台目は名店中の名店で、台東市に来たら一度は寄りたいお店です。歴史があってたくさんの有名人も訪れています。

店内の様子

 

米台目は米粉を主原料とした麺。ちょっと太くポロポロとキレやすいのが特徴。老東台のそれは密度が高く弾力があってもっちもち。

上に乗ってるトロッとした豚ミンチとの相性は抜群で、癖のない味は誰の舌にも満足のいく味です。(下の写真は乾麺だが、普通のうどんのようにスープに入ってるのもある)

米台目と金針湯

私は、煮卵と貢丸(プリプリ肉団子)を追加しましたが、これがまた、味がしみていて最高にうまい。

個人的には味付け最高なのですが、もし何か足らないと感じたら、台の上にある調味料を加えてみたらいいでしょう。

 

一緒に注文した金針湯は台東の代表的名物金針花の蕾が入ったスープです。

金針花はユリ科の花で夏が見頃です。そういえば台東には金針山という山もあり、満開になる頃、イベントも開催されます。

金針花の蕾はクセがなく、炒めてよし、スープによし。歯ごたえがよくて美味しいですよ。

注文票

  • 老東台米苔目
  • 住所:台東市大同路151號
  • 営業時間:全曜日11:00〜22:00

 

 

(番外)寶桑の豆花が他店と違う理由

寶桑豆花店

場所は、南北餃子館の真南で正気路沿いにあって、豆花の名店です。私の記憶では台東市で唯一日本語メニューのあったお店です。

日本語併記のメニュー

 

台湾中どこにいってもある豆花のお店が一杯、まさに台湾スイーツの王道です。

口で溶ける豆花にほんのり甘い蜜。そしてピーナッツなど煮豆の美味しさが口に広がります。

 

しかし、単純な食べ物ながら名店の誉れを得るにはそれなりの努力があるわけで、話を聞くと、過去いろんな試行錯誤があったようです。

ここの豆花の最大の特徴は、絹ごしどうふのようではなく、もっともろもろな舌触りで、蜜とよくなじみます。こんなのよく考え出したね。いけるわ。

今回の注文は豆花+緑豆+小豆+ピーナッツ

 

今回は緑豆をトッピングしてますが、私の最強は、ピーナッツダブルと紅豆と粉圓ですね。

豆花が本当に大好きで、訪台時には何度も食べるのですが、その度に思うのは「日本でスイーツと呼んでいる食べ物は甘さがあまりにキツイ」

みんな優しい人たち

 

 

 

(番外その2)カフェで潮風に吹かれる幸せ

多那之珈琲

台東市内で私が最も気に入っているカフェが多那之珈琲。気に入りすぎて毎日訪れていました。

パンとケーキのお店

カフェとパン&ケーキショップが併設で、毎日焼きたてが食べられます。

 

ブラックコーヒーと何か一つ、パンかケーキか。それを受けとって、店前のテーブルに座れば、風がすごく心地いいのです。

毎日ここに座ってコーヒー飲んでました

海が近いからかな。これが台北で同じことをしたら喉が痛くなる^^

コーヒーとメロンパン(のような形)

とにかく、ここに座って美味しいコーヒーをすすりながら出来立てのパンを食べつつネットやってたら、あまりにも気持ちよくて時間を忘れます。

不思議な幸福感に包まれる場所です。

  • 住所:台東市新生路72號
  • 営業時間:24時間
  • HP:多那之珈琲

 

 

 

まとめ

台東市の庶民料理の数々。如何だったでしょうか。珍しい料理もあれば、台湾中で食べられるものもありました。

しかし、ここで紹介している店はちょっと一味二味違う埋もれないところばかりです。ありふれた料理でも、そうだからこそ感心してみたり。

また、それぞれの店内も趣向を凝らしたお店、落ち着いて食べられるお店、生活感たっぷりのお店など特色豊かです。

 

台東市は決して大きな街ではありませんが、外部者もそんなに多く来るわけではありませんが、そんな、どちらかといえば田舎だけれど、でも気合の入っているお店がたくさんあるのは本文の説明の通りです。

どうぞ参考にしてください。また、実際に台東市に行かれた際には、美味しいお店の新規開拓にもチャレンジしてみてください。

 

最後に、紹介はしていないのですが、もし台東の原住民料理に興味があるなら、以下のお店をお試しください。非常に有名です。

  • 米巴奈風味美食坊
  • 住所:台東市傳廣路470號
  • 電話:(089)220-336
  • 營業時間: 11:30~14:00、17:30~21:00(無休)
  • クレカ:不可

 



シェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です