台東市内のホテル選びは観光エリアの認識が凄く大切【台東旧駅の傍】



台東旧駅の傍がベスト

普通、駅の近くが賑やかですね。どこの都市でも基本的にそういう街づくりをしています。ところが、台東はそうじゃありません。台東火車駅(台東新駅)のまわりには何もないのです。

では、どこが賑やかで活気付いているのでしょうか? はい、それは台東旧駅の東側界隈です。台東旧駅? なにそれ?

地図・台東市中心部

その昔、台湾鉄路の終点は台東駅(台東旧駅)で、知本方面へは線路が伸びていませんでした。ところが、その後、線路がどんどん伸びて高雄にも繋がるようになって、それに伴い、台東駅も新駅が作られました。

でも、人々が暮らす活気ある町のエリアは昔のまんま、つまり台東旧駅の東側一帯が今も生活の香りがする、お店がいっぱい並ぶ場所として残っているのです、続いているのです。

そういえば、バスのターミナルも台東新駅ではなく台東旧駅の前にありますね。

 

以上のような理由で、ホテルを台東市内に観光目的で予約するときは台東旧駅周辺がいいのです。

Googleマップで見ると、台東新駅から5km以上離れており、土地勘がなければちょっと変な感じがするでしょうが、上記で間違いありません。

この辺に宿を取っていれば、食事・夜市散策・土産購入・近隣観光スポット自転車巡りと何するにも便利です。

このあたりは、どのホテルも基本的に部屋がゆったりしていますね。台北あたりと比べると、いろんな意味でコストが低いのだと思います。いいことです!

 

ただ、二つ注意点があります。

一つは、ホテルの朝食は多分どこも日本食はありません。二つ目は、ほぼ日本語が通じません。

これらの点についてはしょうがないです。日本人が来ない=需要がない=用意する必要がない、まぁそういうことでしょう。一応、心得ておいてください。

それから、申し訳ありませんが、アメニティー類には全く興味ないので全然わかりません。この点、予めご了解ください。

 

では早速紹介していきます。

 

 

渡假酒店(The GAYA Hotel)

The GAYA Hotel潮渡仮酒店

鐵道藝術村(台東旧駅)と鯉魚山の入り口のすぐ側にあって立地は当地一番であると思います。兎に角便利。私が一番好きなホテルです。

潮渡仮酒店ベッドルーム

さっきも述べましたが、この辺まで来るとどのホテルでも割と部屋は広く、ゆったりと過ごせます(バックを広げたりすると実感します)。

潮渡仮酒店太平洋側景色

ここは、割と新しくて綺麗でいい感じです。上層階から眺めると太平洋が見えて凄く美しいとともに、台東市には如何に高い建物がないかがよくわかります。

 

この辺りは最も垢抜けていて、飲食店も多く、一番有名な観光スポットが目の前です。

だから、鉄花村で夜遅くまで飲んだりライブ演奏を楽しんだり、鉄花路の両サイドに並ぶお店で地元ならではの品物を見て歩いたりしても平気。

顔を上げれば、すぐそこにホテルのビルが見えます。

サイクリングロード兼散歩道

さらに、ホテルの裏側(鯉魚山)側にある旧線路は、綺麗に整備されて、自転車路・散歩道に変身しています。晴れているととっても爽やかで、朝の散歩にぴったりです。

 

また蛇足かもしれませんが、渡假酒店の前の新生路沿いには・・・

  1. 肯德基(ケンタッキーフライドチキン)
  2. 摩斯漢堡(モスバーガー)
  3. 麥當勞(マクドナルド)

なんかも顔を揃えています。

 

ホテルライフでは割と重要な朝食ですけれど、ここはいいですよ。

朝食の風景

朝食を頂くレストランはとてもゆったりと落ち着いていて、食後のコーヒーもゆっくりゆっくり飲めます。

場所が場所だけに混んでいないのは確かに大きな要因であると思います。

潮渡仮酒店朝ごはんメニュー

そしてもう一つの特徴ですが、朝食はメニュー付です。コースメニューではなく、何が用意されているかを教えてくれるものです。

 

「メイン」のみ選択制で、どれか一つをお願いします。「今」作ってくれるので少し時間がかかります。

潮渡仮酒店チャーハン

私は最初の朝食で桜えびチャーハンを頼みました。めっちゃ美味しかった^^

また、写真ではわかりにくいですがテーブルに乗っている料理や果物類の数はかなり多く充実しています。

  1. 住所:台東市新生路169號
  2. 電話番号:089-611-888
  3. チェックイン:15時から
  4. チェックアウト:11時までに
  5. 無料無線Wi-Fi:あり
  6. 日本語:少しできるスタッフもいる
  7. クレジットカード:AMERICAN EXPRESS・VISA・MASTER CARD
  8. ホームページ:The GAYA Hotel 潮渡酒店(北京語)
  9. Booking.comで予約する:ザ ガヤ ホテル(The Gaya Hotel)

 

 

 

台東桂田喜來登酒店(Sheraton Taitung Hotel)

シェラトン全景

ご存知シェラトンホテル。建物内設備は一番充実しているでしょう、規模も大きいし。

台東観光夜市

台東市内随一である台東観光夜市が開かれる正氣路に面しており、当然に立地はよくて昔から活気のある場所です。

 

渡假酒店との比較ですが・・・

渡假酒店は有名観光地である鐵花村や、駅と列車を丸ごと保存している台東火車站、そして現地ものを買うのに最適なショップやカフェ・レストランなどのすぐ側で観光客にとっては最高の立地。

それに対し、台東桂田喜來登酒店は360mくらい離れていて、どちらかといえば昔からの町の中にあります。もちろん中心地なので食堂なんかは近くにいくらでもあります。

スーパーマーケット対決で言えば、台東桂田喜來登酒店に近くには家楽福(カルフール)が、渡假酒店の近くには東農生鮮超市(台東農協直営スーパー)があります。

家樂福台東店

 

ホテル内の設備はどちらかといえば台東桂田喜來登酒店に軍配が上がります(同等かな?・・)。が、観光客として台東市に来るのなら、断然、渡假酒店がいいと個人的には思います。

シェラトン客室

逆に地元住民なら台東桂田喜來登酒店のあたりがいいのかな、と思います。生活する上では渡假酒店あたりよりも便利でしょうし。

シェラトンレストラン

  1. 住所:台東市正氣路316號
  2. 電話番号:089-328-869
  3. チェックイン:15時から
  4. チェックアウト:12時までに
  5. 送迎:台東空港から専用シャトルあり
  6. 無料無線Wi-Fi:あり
  7. 日本語:可能なスタッフがいる
  8. クレジットカード:AMERICAN EXPRESS・VISA・MASTER CARD・Diners Club・JCB
  9. ホームページ:台東桂田喜來登酒店(Sheraton Taitung Hotel)
  10. Booking.comで予約する:シェラトン タイトン ホテル(Sheraton Taitung Hotel)

 

 

 

中華典蔵商旅(台東Zホテル)

中華典蔵商旅正面

上記2ホテルが五つ星クラスで価格も15,000円前後なので、次はその半値くらいのホテルを紹介します。

フロント

まあ値段通りに設備状況も落ちるし、結構年季が入ってます。そういう意味では、期待するほどのものはありません。

 

場所は、シェラトンから海側・東南東に570mくらいのところで、ここもまぁ街の中心の一角で賑やかではあります。

もちろん周りには食堂がいっぱいあるしコンビニもあります。よくわかりませんが、上の2ホテルの場所よりはこっちが下町になるのでしょうか。

 

写真をみてください。室内の雰囲気が日本のラブホテルみたいでしょ。なんか趣味悪い^^。しかも庭がなく、詰めて建っているので低層階は窓が開けられません(開けてもいいけれど)。

ベッドルーム

とはいえ、部屋はとっても広くて、のびのびできて、価格を考え合わせれば、まぁこんなものでしょう。

ベッドルーム2

 

ここの特徴の一つは、朝ごはんがバイキング形式ではないところです。おばちゃんが日替わり朝食を作ってくれます。これがうまいんですよ。

サツマイモ入りご飯

サツマイモ入りご飯の朝食

盛りだくさんの朝食

繁忙期は(そういう時期があるとすれば)バイキングなのかもしれません。

 

五つ星は教育された心地よさを感じます。このホテルはもっと直接的な優しさを感じます、受付も朝食のおばちゃんも。

  1. 住所:台東市中華路一段420號
  2. 電話番号:089-322-869
  3. チェックイン:15:30時から
  4. チェックアウト:11時までに
  5. 無料無線Wi-Fi:あり
  6. クレジットカード:VISA・MASTER CARD・JCB
  7. 日本語:不可
  8. ホームページ:中華典蔵商旅
  9. Booking.comで予約する: 台東 Z. ホテル(Taitung Z. Hotel)

 

 

 

MATA家屋-原住民文化會館

MATA家屋台東県原住民会館

このホテルは星の数で表せない独自の価値を持っています。

一言で説明すると、原住民文化の中で生活ができるホテルなのです。

エントランス

ホテル内の調度品や絵画や彫刻はもちろん料理に至るまで、何もかもがオリジナルで、当然スタッフもほとんどが原住民です。

レストラン

室内だけではなく、敷地全部が原住民文化であふれており、どこを探してもこれほど特徴のある宿泊施設はないでしょう。

 

日本は基本的に単一民族国家なので、民族が混在している社会に関する知識がないし興味もありません。

しかし台湾は20近くの民族が暮らす多民族国家です。

他国に旅行するのは「綺麗・可愛い・おいしい」だけを目的にするのではなく、自国にはない事情を理解することも含まれるでしょうし、それは結局、観光にも食事にも役に立つと思います。

そう言う意味において非常に興味深いホテルで、一度宿泊する価値はあります。

 

朝食

2016年にリニューアルされたばかりなので綺麗です。部屋も広いし。ただし、エコ重視でアメニティ類は最低必要なものだけしか置いていません。

また、一つ大きな欠点があります。それは、台東旧駅界隈の繁華街から遠いことです。なんせホテルの目の前が台東森林公園の入り口なんですから。

なので、有名店に食べに行ったり土産を買いに行ったりするには自転車が必要です。もちろんホテルで貸してくれます。

  1. 住所:台東市中山路10號
  2. 電話番号:089-340-605
  3. チェックイン:15:00時から
  4. チェックアウト:11時までに
  5. 無料無線Wi-Fi:あり
  6. クレジットカード:VISA・MASTER CARD・JCB
  7. 日本語:少しできるスタッフもいる
  8. Booking.comで予約する:MATA家屋-原住民文化會館

 

 

 

ホテルの位置確認

下の絵地図でホテルの場所を確認してください。

ホテルの位置

 

 

 

まとめ

台東市内のホテルの紹介でした。

今回は、台東市内の昔から賑やかな街を楽しむためのホテルを紹介しました。

 

狭い街とは言え、宿泊施設はたくさんあります。もっと安くて寝るスペースさえあればいい、というようなところもあるかもしれません。

しかし、私自身、もう若くはないので、ある程度のレベルは確保したく、そういう趣旨に沿った選択になっています。

 

とは言え、広く相対的にみれば、台東のホテルは安いです。特に日本と比較したら。十分に、支払いに応じた満足は得られると思います。

また、台北やその他西側(台南や高雄)に比べると観光客が少なく、のんびりとしたホテルライフが過ごせるのも魅力です。

 

朝ごはん一つとっても、どこも美味しいし、どこもゆったり感を味わうことができます。これが台北だと五つ星でも、広いけど何かガチャガチャして落ち着けないでしょ。

今後はどうなるのかわかりませんが(もっと観光客が増える?)、今の台東は静かでいいです。癒されます。

是非一度いらしてください。



シェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です